2008年 08月 07日 ( 1 )

H20.8.7 玖珠町メルサンホールにて 人権を守る町民の集いが開催されました。人権講演会として ESPERANZAのトークライブが開かれました。
『愛という名の奇跡』 難病 引きこもりを乗り越えて"光のステージ"へ
という、演題。
ESPERANZA/奥田良子さん勝彦さんというご夫婦で活動されています。

プロフィール
講師の奥田良子さん(フルーティスト)は将来を期待された演奏家だったが、21歳で「クローン病」を発症し『一生治りません。でも死ぬことはありません』と宣告された。
闘病生活と挫折を繰り返し、多くの方の支えにより再び演奏家としての活動ができるようになった。テレビ番組『感動のアンビリバボー』に取り上げられたことから、各地で講演依頼が殺到し、夫である勝彦さん(ベイシスト)と共に年間100近くの講演を行っている。

フルート演奏ステキでした
 情熱大陸テーマ
青春の輝き
千の風になって
少年時代
ハナミズキ

等など オカリナの演奏もあり気持ちのいい時間が持てました
[PR]
by hohoemi-takakura | 2008-08-07 13:11 | 学び