「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:出会い( 8 )

実は 先月2週間ほど入院していました。

入院生活って なんとなく くら~い イメージですが、同じ病室の患者さんたちととっても仲良くなって毎日が楽しくって 楽しくって 退院したくなくなりそうでした。

主治医の先生もとってもいい方で 看護師さんはみなさん親切で・・・・・
なんだか、幸せな入院生活でした。

私の部屋は 皆さん病状の軽い方ばかりだったので、笑い声が耐えなかったんですが、病棟の中を歩いていると、本当に辛く 苦しい時をまさに今過ごされている方が大勢いらっしゃるんだ と感じることもありました。

病院の中で 繰り返される 生と死   

そこには いろんな人生があるんだ と思い巡らせたりもしました。

今 ここに私がいるのは たくさんの方の支えがあってからこそだということを実感するとともに 支えられた分だけ少しずつ返していかなきゃ という想いが湧き上がってきます。


今日から 3月 なんだか 新しい命がまた始まったような気持ちになるので春っていいですね

さあ~  散歩に出かけよう!!

c0080405_11533896.jpg

c0080405_11544829.jpg

[PR]
by hohoemi-takakura | 2008-03-01 11:16 | 出会い
玖珠町に在住の 小野さん (82才) は  平成3年の台風で倒れた檜を使って 木彫りの仏像を何体も作っています。

ふとしたことが、きっかけで取材をさせていただきました。

すばらしい 作品が床の間にたくさん飾られています すべて彫刻刀で小野さんが コツコツと彫り上げたもの。

千手観音の指一本一本丁寧に彫られています。

小野さんは 手 指を使ったり 考えたりすることでリハビリができると、毎日欠かさず彫り続けているそうです。
c0080405_1333838.jpg

c0080405_13354247.jpg

[PR]
by hohoemi-takakura | 2008-02-04 13:36 | 出会い
最近 ブログの更新を ずぅ~とサボってましたが、今日久々に開いてみると こんな私のブログでも毎日何人かの方が覗いてくださっていてとっても恐縮です 
ありがとうございます 

今年は年越しの夜 玖珠でも雪が降りました
我が家の裏はまだうっすら雪が残っています。

玖珠町の北山田地区にある キジ車公園は年末からイルミネーションで華やいでますが、クリスマスからイメージチェンジして お正月バージョンになっています。

ジャンボきじ車をかたどった電飾の横に 「謹賀新年」の大きな文字が浮かびあがっているのです!!

これを写真に撮って皆さんにお見せしようと頑張ってみたんですが、どうも私のデジカメでは 全体を美しく捉えることが出来ません。

というわけで、今回は写真無しですが、どうぞお近くの方は 観に来てくださいね。

ジャンボキシ゜車は 時々テレビ(ローカル局ですが)で紹介されます
1月5日午後12時頃から OABの番組(れじゃぐる2)の中でも紹介されるとの情報ですので皆さん見てくださいね

では 次回は何時になるか分かりませんが ブログ更新しますのでお暇な方は時々覗いてくださいね

ほほえみより
[PR]
by hohoemi-takakura | 2008-01-02 21:21 | 出会い
大分合同新聞 『月刊 セーノ !』 をご存知ですか?
9月号に 玖珠町大野原地区で活動している 大野原きじ車製作保存会 が紹介されています。
ものづくりスケッチ第6回 のページです
絵と文は 画家の二宮圭一さん 

c0080405_13393043.jpg


ジャンボきじ車製作時の苦労話や楽しみながら活動を続けている会員のコメントなども紹介されています

よかったら 読んでみてくださいね
[PR]
by hohoemi-takakura | 2007-08-04 13:41 | 出会い
昨日神戸で同窓会があり新幹線で出かけました。日田市から博多までは高速バスを利用したんですが、その中で耳にした会話をちょっとご紹介します。

私は、バスの一番前の席に座っていたんですが、途中から高齢のご婦人方が乗り込まれました。

次のバス停で若い男の子たちが乗り込みバスは満席。高齢のご婦人横の補助席・・・私の後ろの席にその青年が座りました。


ご婦人とその青年が何気ない会話をされているのが 聞こえてきまして聞くともなく聞いているとなんだか心が温ったかぁくなりました。

世間話から始まり、正確には聞き取れなかったんですが、ご婦人は83歳との事。

青年は今年高校を卒業し、これから関東地方に就職のため旅立ちの日。のようでした。

☆☆☆ ご婦人から青年に声をかけ会話が始まったようでした 始めはどんな会話をされていたのか不明ですが ☆☆☆

ご婦人「頑張らんとね~ おばあちゃんは もう80年も頑張ってきたとやきね~」

青年 「自転車ものるん?」

ご婦人 「そう。自転車も乗るし 自動車も運転するよ~ まあだ免許もっとるきね~  そしておばあちゃんはもう直ぐ 霊柩車にも乗るんよ~」

青年 「ははは・・」

ご婦人 「霊柩車の運転していきよったら 分かれ道が来るとばい。右は極楽行き 左は地獄行き おばあちゃんはそこでどっちに行こうかと考えるとばい。」

☆☆☆ 等 ユーモアたっぷりに二人の会話が続き・・・☆☆

ご婦人 「帰ってきちゃならんばい! 何があっても頑張らんとならんばい」

青年 「はい」

ご婦人 「何十年か後に あんたの就職の日にあげんばあちゃんに出会ったなぁ~ ち思い出す日が来るよ。そん時 おばあちゃんは、千の風になってあんたを見守ってあげるからね~」

青年 「・・・」


ご婦人 「そして 親には絶対連絡せないけんばい。たとえ刑務所に入っても連絡せないけんばい。どこの刑務所の何号室 ちね。親は子供がどこに行っても子供の事を思ってるんやからね~」

青年 「はい!」

ご婦人 「あんたは 今日このおばあちゃんにあって ラッキーよ 」



☆☆☆ きっとこの青年はこの出会いを忘れないだろうなぁ と思います。☆☆☆
[PR]
by hohoemi-takakura | 2007-04-02 20:28 | 出会い
古い友人からとってもすばらしい贈り物が届きました。
絵手紙集 「きらきら わたしはわたしに生きていこう」 林典子さん作

この本を読んで 思わず胸がいっぱいになり 熱いものがこみ上げてきました。
林さんは この絵手紙集を送ってくださった旧友 (恵子ちゃん)の直接のお友達です。
一度メールのやり取りをしたことがあります。
彼女が 一生懸命 生きて来られている姿がいっぱい詰まった絵手紙集です。

勝手にわたしのブログに掲載させていただいていいのか迷いましたが、あまりにもすばらしいので皆さんに知っていただきたいと思います。
c0080405_2047825.jpg

c0080405_20474669.jpg

c0080405_20481885.jpg


こんな素敵な贈り物をしてくださつた 恵子ちゃんありがとう
こんな素敵な絵手紙集を作った のこたん ありがとう
25年ぶりのネットでの再会が いい繋がりになっていけることに感謝します。
今日も いい日でした。感謝しま~す
[PR]
by hohoemi-takakura | 2006-09-14 20:53 | 出会い
最近知り合った友人に 勧められて購入しました  なんだか元気が出てきますよ
やっぱり笑顔が一番 今日もラッキー ですね !!

この本を紹介してくれた彼はシャイなので写真撮影はお断り・・・・だそうです
観察力があって ズバズバと感じた事を言ってくれるので大切な友人です 
c0080405_12225281.jpg

[PR]
by hohoemi-takakura | 2006-09-05 12:24 | 出会い
c0080405_14182391.jpg

H18.7.29 玖珠町 北山田祇園まつり
華やかな山車の後を 水を積んだリヤカーを全速で引いて走る若者             地味だけど大切な仕事です
[PR]
by hohoemi-takakura | 2006-07-29 12:09 | 出会い